改憲を声高に叫ぶ風潮が・・・

羽曳が丘憲法九条の会は月1回第2土曜日を基本に街頭宣伝に取り組んでいます。情勢の動きが早くて、配るチラシを用意するのが大変です。できるだけ受け取ってくださった人に読んでもらえるようにと、多くは自前で作っています。

今回は、野田首相をはじめ、自民党沿再選に出馬した5人が口をそろえ、また「維新の会」代表の橋下徹氏も「集団的自衛権」を肯定する発言をおこなっていることに警鐘を鳴らそうと作りました。13日の宣伝時でも、通りがかりの人の中に「憲法9条は変えなあかん。日本は弱すぎる」と言っていた人が少なからずいました。「閉塞感」が覆う中、「領土問題」が相次ぐ中、「力‘=武力」」にでも訴えたい、と思う人が増えているのでしょうか。今また「九条の会」のがんばる時だと思います。

10月のチラシ 表面 10月のチラシ 裏面